石と意思の積み重ね

こんばんは。

本日は山賊さんにて庭工事です。

遂に、遂に、石垣と延段が完成しました。

完成写真をどうぞ。

 

 

まずは重村部長の力作の石垣です。

DSC00107 (800x600)

DSC00108 (800x600) DSC00109 (800x600)

↑こちらの石垣は耶馬溪(やばけい)から運んできた石で組んだものです。

DSC00111 (800x600)

↑正面から見てもラインがピシッと出て見事です。

 

↓石垣の途中に約6トンの景石をかませています。

DSC00112 (800x600)

↓終いつけは敢えて線を出さず、崩れたようなかんじを表現しています。

ジーパンでいうところのダメージ加工とのことです。笑(重村さん談)

DSC00115 (800x600)

↓そこに苔や草を植えて味を出しています。

DSC00119 (800x600)

DSC00116 (800x600)

 

ん~、お見事です。

 

 

 

続いては伊藤さん、江口さんコンビの力作の延段です。

DSC00117 (800x600)

入口の門柱をくぐると……

DSC00114 (800x600)

張り石の階段がお出迎えです。

DSC00122 (800x600)

DSC00121 (800x600)

門側から見ると長さがわかります。

DSC00110 (800x600)DSC00113 (800x600)

ん~、こちらも素晴らしい!!

 

石垣・延段は石と意思との積み重ね。

すべての石に表情があり理由があります。

改めて石は深いなぁ~と思う今日このごろです。

まずは持ち上げれるようにならなくては……笑

 

 

 

さてさて、だんだん全景が見てきました。

ここからは本格的に景石・植栽です。

ではでは本日はこのへんで。

カテゴリー: 山賊 パーマリンク

石と意思の積み重ね への1件のフィードバック

  1. 石田真理 のコメント:

    お疲れ様です(^_^)
    返信ありがとうございます♪
    そろそろ山賊さんの完成近づいて来ましたね♪今週行けたら見に行きたいと思います(^_^)
    庭が色々な表情になっていったり、生き生きしていく経過を見たりするのが好きで、どういう風に仕事されてるのか興味あります(⌒‐⌒)
    石張り、石積ホントに綺麗でピシーッと一直線で素晴らしいです。
    写真も沢山のせてくださっているので嬉しいです☆
    返信ホントに嬉しいです☆ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です