桜の堀とり

こんばんは。

本日は山賊にて庭工事です。

重機を使って桜の堀とりをしました。

僕にとっては今まで一番大きな木の堀とりでした。

まずはユンボで鉢をとって、、、根切りで根を切ります。

DSC00651 (800x600)

大きいですね。

DSC00652 (800x600)

遠くから見ると桜の鉢が海に浮かんでいる島みたいに見えます。

 

DSC00653 (800x600)

次に鉢に根巻をします。

 

 

 

 

DSC00654 (800x600)

3人掛りで、、、

 

DSC00655 (800x600)

根巻をしたら、鉢に麻縄をまいていきます。

DSC00656 (800x600)

『せいのっ』

『よいよい』

『おー』

『よいよい』

『おー』

『よいよい』

『おー』

鉢ができたらユンボで移動していきます。

DSC00661 (800x600)

枝にロープをかけて誘導します。

DSC00663 (800x600)

今日もばっちりカメラ目線のにっこり笑顔で、、

『絶対撮るなよ!撮るなよ!』

ダ○ョウ倶楽部か!笑

DSC00664 (800x600)

↑戦いの跡です。後ろの人がマメのよう。

 

続いて、中庭に苔などの下草類をはっていきました。

DSC00669 (800x600)

DSC00667 (800x600)

山賊さんなので、庭と隣の山がつながってるような庭ということで、

山に自生している苔や山野草をいれていきます。

DSC00668 (800x600)

↑普段は使わないゼンマイです。

 

次に、木の根っこを土留めとして使用します。

まずは根っこを横に向けて、

DSC00671 (800x600)

より山の雰囲気を出すために粘土を入れて苔や草を入れていきます。

DSC00672 (800x600)

DSC00670 (800x600) DSC00673 (800x600)

 

 

 

↓こちらは山と庭のつながりの部分です。

DSC00675 (800x600)

↓こちらは人工的に作った部分です。

DSC00674 (800x600)

DSC00677 (800x600)

人工的に自然をつくるって難しいものですね。。

ではでは良い週末を!

 

 

 

カテゴリー: 山賊 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です