桜が咲き始めました。

こんばんは。

本日は21℃まであがりすっかり春ですね。

弊社の庭の桜も咲き始めました。

DSC00400 (800x600)

DSC00399 (800x600)

もうすっかり春ですね。

さて、今日は山賊さんにて庭工事です。

DSC00387 (800x600)

山賊さんの桜ももう開花寸前です。

DSC00386 (800x600)

大きな桜です。

DSC00384 (800x600)

DSC00385 (800x600)

さて、現場の写真です。

↓こちらは車椅子でも通れるようにと、スロープを石積みで作っています。

DSC00354 (800x600)

完成した写真がこちらです。

DSC00377 (800x600)

重村部長の力作です。

こちらは川石を使用しての石積みです。

石はいろいろな分類ができますが、産地で分けることもできます。

大きく山石、川石、海石があります。(ウィキペディア参照)

■山石
ゴツゴツした角のある石で山間部などの地表面に露出しているものや地中に埋まっているものを掘り起こして使用する。山さびがつきやすく植物の根が入り込んでいるものもある。埋まっているものは天然石のように見せるために、加工して風化が見られるように凹凸や傷を施す。

■川石
丸みが出て趣のある庭石で最も庭にふさわしいとされる。1971年に制定された河川法により河川からの砂利等の採取が禁止されたため、現在国内では特別な許可が無ければ採取できない(昭和46年採取禁止)。現在では石材業や庭石業を営む会社等は、山の土地を取得して加工をしているところが多い。

■海石
波の力によって表面の変化に富む石。よく貝が付着している。

DSC00348 (800x600)

↑こちらは得意の人工石です。

ご覧のとおり、川石での石積みは石が丸いので大変難しいんです。

DSC00379 (800x600)

DSC00378 (800x600)

これだけ石が積んでありますが、石を割ったのは本当に数個です。

それ以外は割らずに使用しています。

逆に言うそれだけ石選びが重要になってきます。

DSC00380 (800x600)

↓山石はこんなかんじです。

DSC00381 (800x600) DSC00382 (800x600)

川石と比べると割りやすいです。

石を積むとこんなかんじです。轟轟しいかんじですね。

DSC00388 (800x600) DSC00389 (800x600)

石は奥深いです。

ではでは本日はこのへんで。

カテゴリー: 山賊 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です